エコについて

シックハウスや結露の問題も

現在では、個人でもエコについて考えることは当たり前になっています。環境のことを考えて家を建てることも珍しくなくなりました。そう言うこともあって、最近は高気密住宅が増えてきています。高気密住宅は、冷暖房使用時のエネルギーロスを少なくするので、省エネにつながるのです。 メリットが多い高気密住宅ですが、注意しなければいけないこともあります。それは、シックハウスと結露の問題です。しかし、最近の住宅は24時間換気が義務付けられているので安心と思う人がいます。確かに、24時間換気の義務化によってそれらの問題は少なくなりました。しかし、ゼロではありません。きちんと窓を開けての換気を行うことも非常に大切なのです。

昔の木造住宅の隙間を全部合わせると

高気密住宅は省エネにつながると言うのは分かりますが、気密性が低い住宅とはどう言うものなのでしょうか。分からない人は意外と多いです。 気密性が低い住宅は、常に家の中の空気と外気が入れ替わっている状態になります。当然、暖めても冷やしてもエネルギーの無駄が大きくなるのです。電気代はもったいないわ、冷暖房の効きが悪いわでは快適な生活はできません。 昔の木造住宅は、建物の全部の隙間を合わせると、ハガキが10枚も入るほどの隙間があったと言われています。高気密住宅では多くてもハガキ2枚分の隙間しかないのです。これだけ聞いても、いかに高気密住宅が素晴らしいかが分かるでしょう。 ちなみに、超気密住宅と呼ぶ場合もあります。